御朱印帳のオーダーメイド製作・製本|滝和紙店

オリジナル御朱印帳の製作・製本
オリジナル御朱印帳の製作・製本

ご朱印帳とは?

御朱印帳(ごしゅいんちょう)は、御集印帳(ごしゅういんちょう)やご朱印帖ともいわれます。

主に神社や寺院において、参拝者向けに押印をくださるご朱印(しゅいん)を集めるための、専用の帳面になります。
また宗派によっては御朱印ではなく、御主題とされることもあり、ご主題帳ともいわれます。

近年では海外からの観光客の増加や、国内のパワースポット巡りなどに関心が集まっており、神社や寺院へのご参拝者が増加しております。
その中で御朱印についても注目・人気が非常に集まっており、全国的な朱印帳の人気が高くなっております。

最近では各地の観光協会様や、有名人・アーティスト様などでオリジナルの朱印帳を製作されることも増えております。

御朱印帳の本文

日本伝統の和紙である越前鳥の子・奉書紙を使用してオーダーメイドで御朱印帳を製本しております。

当社では朱印帳専用に、筆で書き心地のよい地合い、墨やインクの滲みがよい専用の和紙をオリジナルで漉いております。

原料については詳しく申せませんが、肌合いがよく墨のノリが良いと、現在までに日本各地の寺社仏閣様から書きやすい御朱印帳だとご好評を頂いております。

墨やインクが裏移りしないように、通常の和本などに使われる和紙よりもさらに厚くして、両面に御朱印や御首題を頂けるように二枚を貼り合せて製本しております。

オリジナル 御朱印帳の本文
オリジナル朱印帳の製作・製本

当社のオリジナルご朱印帳について

朱印帳専用の和紙に、一枚一枚丁寧に調合・糊付け・折り込み・断切と専門の職人が各加工を行い、 一冊一冊、熟練の京都の職人によって迅速で丁寧に御朱印帳として製本をさせて頂きます。

近年の朱印帳人気の高まりにより、年間に何十万冊と製本・販売する業者では経費を下げるために、中国など海外で抄紙・製本をしているところもあります。 その為、紙の劣化や製本の劣化で困っているというお客様のお声をお聞きします。

当社では製本作業が非常に増えている現在でも、効率よりも品質を最重要視し 紙漉き工場での材料の質、抄紙時の検品から、本文の検品、製本工程、製本仕上げまで日本の伝統を守る国内にて製作して、管理者が厳重にチェックを行っております。

日本伝統の寺社仏閣様でお取扱いを頂けるからこそ、 一つ一つ手を抜かず製本してオリジナルの御朱印帳をお作りしております。

朱印帳のオーダーメイドについて

【製作ロットについて】
最低100冊から製本可能です。
【本文(中の紙)の和紙について】
朱印帳専用の別漉き和紙 奉書紙(白色)・鳥の子(未晒色)
【項数(ページ数)について】
24P:11山折りを標準で製作
※蛇腹折りの表裏どちらも御朱印を頂けるので合計48項分となります。
※蛇腹折りは2枚の専用和紙を、紙表が外側に出るように丁合して貼り合せております。
【朱印帳のサイズ(寸法)について】
特大(約180×121mm)・大(約159×112mm)・別寸(別途お問合せください)
オリジナル 御朱印帳の本文
【表紙について】
和紙・友禅紙・型絵染紙・擬革紙・布などご希望のものをご用意いたします。
またオリジナルデータ(画像)の印刷、各種箔押し、表題付けもお受けしております。
※ご依頼者様支給の和紙・布などもお受けしておりますが、まずは朱印帳の表紙として製作できるかをご確認させて頂きます。
【仕上げについて】
紙カバー(標準)/OPPカバー(オプション)
※ご指定の朱印帳カバーがございます場合はご支給頂ければ当社にて包む作業もお受けしております。
※帯付け・吸い取り紙などご希望があればお問い合わせください。
【納期について】
約30日にて製作可能です。
※製作する部数や表紙の種類などによって前後しますので詳しくはお問合せください。
【ご注文の流れ】
詳しくは下記リンク先をご参照ください。
※お問い合わせからご納品までの流れ
【当社からのお願い】
現在、弊社にて継続して製作させて頂いている御朱印帳の関係によりましては、
お断りさせて頂くことがございますので、申し訳ございませんが予めご了承ください。
※お問合せ頂いたことを無断で第三者に開示することはございません。

当社のオリジナル御朱印帳の作り方※大まかな工程になります。

  • 【断切(だんさい)】 朱印帳専用の和紙を、製作に必要な寸法に断切いたします。
  • ↓ ↓ ↓

  • 【本文製作】折り込み・丁合・糊付けなど本文製作の加工をいたします。
  • ↓ ↓ ↓

  • 【表紙製作】指定の表紙生地に必要な加工を施して表紙を製作いたします。
  • ↓ ↓ ↓

  • 【検品】 上記で仕上がった本文(中身)・表紙の仕上がりをチェックいたします。
  • ↓ ↓ ↓

  • 【表紙貼り】 職人が表紙と本文を貼り合せて、丁寧に仕上げて1冊ずつ製本いたします。
  • ↓ ↓ ↓

  • 【最終検品】 完成品が間違いないか御朱印帳本体の検品を行います。
  • ↓ ↓ ↓

  • 【カバー付け・梱包作業】 納品形態によりまして、紙カバーやOPP入れを行い最終検品を行い、梱包納品を行います。